化学教育ディビジョン

新着情報

第3回 化学遺産市民公開講座  『戦後日本の技術革新と化学産業の発展』のお知らせ(若林) [2009年3月4日 公開]

日本化学会化学遺産委員会では、我が国の化学・化学工業に関する歴史的資料の調査と収集、また、そのデータベース化を目指して活動しております。

化学会年会開催中の3月29日(日)に、私たちの生活を大きく変えた戦後日本の化学産業の発展に関して市民公開講座を開催しますので、お知らせいたします。

市民公開講座は、年会への参加登録は不要で、どなたでも無料で聴講できます(資料は、ご希望の方に有料でお配りします)。

詳しくは、下記、および 次のホームページをご覧ください:
  http://www.chemistry.or.jp/news/89sympo0329-1.html
                                                              (若林文高)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第3回化学遺産市民公開講座
 『戦後日本の技術革新と化学産業の発展:
     −われわれの暮らしをいかに変えたか−』

主 催: 日本化学会・化学史学会
共 催(予定): 国立科学博物館・日本化学工業協会
                   ・化学技術戦略推進機構・千葉県教育委員会ほか

日 時: 平成21年3月29日(日)13時〜17時35分(予定)
会 場:    日本大学理工学部船橋キャンパス14号館1423教室(千葉県習志野市)
               (日本化学会第89春季年会S5会場)

我が国における化学に関する貴重な資料・史料の調査と収集、また、そのデータベース化を目指して、平成17年3月、日本化学会内に「化学アーカイブズ小委員会」(現:化学遺産委員会)を立ち上げ活動しています。この事業へのさらなる協力と理解を得るため、我が国の化学史・化学工業史に関する第3回市民公開講座を開催いたします。また、講演内容に関連する歴史的に貴重な史料の展示会を下記により展示いたします。ぜひふるってご参加をお願い申しあげます。

プログラム    
 総合司会: (日本化学会化学遺産委員会顧問/螢肇ヤマ相談役) 三浦 勇一

(13:00〜13:05)
 開会挨拶: (日本化学会平成21年度会長) 中西 宏幸

(13:05〜13:20)
 日本化学会化学遺産委員会の活動について
     (日本化学会化学遺産委員会委員長) 植村 榮    

(13:20〜14:00) (座長 芝 哲夫 委員)
 基調講演 『20世紀の化学技術:21世紀が見えてくる』
         (化学史学会会長・日本化学会化学遺産委員会委員/
          名古屋都市産業振興公社産学連携コーディネータ) 亀山 哲也    

(14:00〜14:50) (座長 伊藤 卓 委員)
 講演1 『繊維技術をベースとした技術開発』
        (東レ蠢^欷Φ羹蟒蠶后 笹本 太 氏    

休憩(10分)
          
(15:00〜15:50) (座長 山本 明夫 顧問)
 講演2 『ハプニングとセレンディピティから生まれた技術革新
            =ポリオレフィン製造技術』
                 (三井化学螢轡縫▲螢機璽船侫Д蹇次貿 典夫 氏    

(15:50〜16:40) (座長 田島 慶三 委員)
 講演3 『化学が支える電気分解技術の進化:水銀法からイオン交換膜法へ』
                 (旭硝子蠎萃役常務執行役員CTO)加藤 勝久 氏    

(16:40〜17:30) (座長 若林 文高 委員)
 講演4 『JSR蠅了業構造の変革と今後の日本化学産業』
                 (JSR蠕賁骸萃役)小柴 満信 氏    

(17:30〜17:35)
 閉会挨拶 (日本化学会化学遺産委員会委員)  岡崎 廉治    

【史料展示会】
  日  時: 3月27日(金)午後〜29日(日)
  会  場: 日大理工学部船橋キャンパス理工スポーツホール
  展示候補:    講演内容に関する写真・説明用パネル・製品展示ほか

●参加費・資料代: 無料。市民公開講座資料代 1,000円(予価)

●申込方法: 申込フォームよりお申し込み下さい。
          http://dcsc.csj.jp/t1_sympo/entry.php

        当日会場でも参加申込みができます。
         第89春季年会への参加登録は不要です。

●申込先:
  101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5 (社)日本化学会企画部 太田
        電話:東京(03)3292-6163 FAX:東京(03)3292-6318
     e-mail:oota_at_chemistry.or.jp
             ("_at_"を"@"に置き換えてご利用下さい)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−