生産技術・製品開発ディビジョン

新着情報

新化協、高分子材料設計シミュレーションに関する調査研究WGメンバー募集 [2009年4月27日 公開]

高分子材料設計シミュレーションに関する調査研究ワーキンググループ(WG)
              メンバー募集のお知らせ

主 催:社団法人 新化学発展協会 先端化学技術部会 CC分科会
期 間:2009年4月〜2010年3月(1年間)
形 態:毎月1回定例ミーティング、および持ち帰り課題の実施。
         必要に応じて適宜講師による講演会を実施

趣 旨:社団法人 新化学発展協会の先端化学技術部会・コンピューターケミストリー分科会は、
       コンピューターケミストリー活用技術の発展を目的に、様々な活動を行っています。
       特に高分子材料分野においては、1998年−2002年にかけて実施された「高機能材料設計
       プラットフォームの研究開発」(通称 土井プロジェクト)の成果物として公開されて
       いるOCTAの活用研究を目的とした高分子ワークショップを実施し、数多くの参加者を得
       ています。OCTAはソフトマテリアル分野のシミュレーションシステムとして、現在では
       世界的に普及したソフトウエアとなっています。しかしながらOCTAの維持、改良はボラ
       ンティアの手に委ねられ、制約が大きいのが現状です。さらにOCTA開発より7年の年月が
       過ぎ、高分子材料シミュレーションの分野においても世界的に多くの進歩があり、新た
       な方法論に基づいたツールの整備も望まれております。そこで、今回高分子材料設計シ
       ミュレーションに関する調査研究ワーキンググループ(WG)を設立し、土井プロジェクト
       以降の高分子材料設計シミュレーションの状況を調査し、産業界の共通基盤として望ま
       れる、次世代を担う高分子系材料設計システムの内容を提言することを目的として活動
       を行います。

内 容:
(1) 外部機関による調査委託
  WGにおける議論の資料とするために、初期2ヶ月を目処にして、現状調査等を外部機関に委託
  する予定です。なお委託先はWG参加者募集の後に公募し、コンピューターケミストリー分科会
  幹事およびWG参加予定者を中心に選定する予定です。
(2) 定例ミーティング
 WG参加の顧問(大学関係)、有識者、WGメンバーにより、上記趣旨に基づいた調査、議論を
  行います。顧問として東京大学土井正男教授、山口大学山本隆教授をお迎えする予定です。

募集要領:
(1)定 員: 20人程度
(2)資 格:会社または大学・官公庁に所属し、ソフトマテリアルの研究に携わっている実験及び計算科学者
(3)年参加費
  当協会会員及びコラボレーション・メンバー:無料 その他:5万円 /1名
なお、非会員の方の参加につきましては、コラボレーション・メンバーに登録してワークショップに
 参加されることをお勧めします。
大学、官公庁及び学生・院生等、企業の所属員ではない個人の参加の場合。
 個人のコラボレーション・メンバーへの年参加費は1万円で、当該メンバーは次世代CCワーク
 ショップだけではなく、同じ部会の他のワークショップや講演会へも無料で参加できる等の特典が得られます。
企業の所属員の方の参加の場合
  企業のコラボレーション・メンバーへの年参加費は20万円(中小企業は10万円)ですが、企業として当該
 メンバーになると、次世代CCワークショップに複数人が無料で参加することが可能となるだけではなく、
 同じ部会の他のワークショップや講演会へも無料で参加できる等の特典があります。なお、コラボレーション・
 メンバー制度についての詳細は協会ホームページ (
http://www.aspronc.org/02bukai/28collabo.html ) をご覧ください。

(4) 申込方法
下記お申込書フォームにてメールにて aspronc@aspronc.org へお申し込みください。


氏名:
所属:
役職:
住所:〒
電話:
FAX:
E-mail:

(5) 連絡・問合先
〒101-0041東京都千代田区神田須田町1-12(山萬ビル4F)
社団法人新化学発展協会 化学フロンティア事業部 湊 登美
TEL 03-5297-8820 FAX 03-5297-8821
E-mail aspronc@aspronc.org  URL http://www.aspronc.org/