生産技術・製品開発ディビジョン

新着情報

新化協、先端プロセス調査委員会追加メンバー募集のお知らせ [2009年4月27日 公開]

 各位
                           (社)新化学発展協会
                           先端化学技術部会
                           部会長 後口 隆
                           高選択性反応分科会
                           主査 一色 信之
                           先端プロセス調査委員会
                           委員長 佐藤智司
       

 「新規機能性素材創生およびデバイス化のための先端プロセス構築技術に関する
 調査委員会(略称:先端プロセス調査委員会)」
 追加メンバー募集について

  拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は当協会活動に格別のご高配を賜り、
 厚くお礼申し上げます。さて、先端化学技術部会高選択的反応分科会におきましては、平成19年度、
 平成20年度の2年間、「複合化技術による新規素材創生のための高効率プロセス構築に関する調査
 研究委員会」を分科会内に設置し、調査活動を行いました。その結果、さらに新規機能性素材創生プ
 ロセス技術に関する調査研究を継続し、さらに深めて行くことになりました。調査活動を再スタート
 するにあたり、新たに追加メンバーを募集いたします。本調査委員会の活動趣旨をご理解の上、積極
 的なご参加をお願い申し上げます。                 
                                       敬 具
           
                   記

 1.調査委員会名「新規機能性素材創生およびデバイス化のための先端プロセス構築技術に関する調委員会」

 2.趣旨
  有機ゼオライト、金属錯体集積体、メソ多孔体、ナノ粒子、修飾酵素、デンドリマー、らせん状高分子、
 ロタキサン等、ユニークな構造的特徴を有する新規材料が多数報告されている。これらの新規材料に、
 幅広い分野から、従来の材料では実現できなかった新機能への期待が寄せられている。また、これら新規
 な材料を超音波、光、マイクロ波等の存在下で用いたり、マイクロリアクターや膜反応システムと組み合
 わせて使用したりすることで、理想的な高効率反応プロセスや高機能デバイス構築が実現されると期待で
 きる。そこで、これらに関する調査ワーキンググループ活動を行ない最先端技術に関する情報を収集、共
 有することを本活動の目的とする。調査活動の一環として、先端研究機関の訪問、講演会等を企画し、新
 規材料の応用に関する検討を行なう。その中で各分野のシーズ/ニーズ研究の可能性を議論し、その可能
 性が大きなものに関しては、成果が期待される研究として積極的に推進されるよう提言することを目標とする。

 3.活動内容
 (1)新規構造材料の最先端研究に関する調査、およびそれらを特殊反応場技術と組み合わせた高効率な
    反応プロセス、高機能デバイス構築実現に関する調査検討。
 (2)最先端研究機関(公的機関あるいは大学研究室)訪問を行ない、新規材料創出技術に関する最新の
    情報収集および議論を行なう。
 (3)新規構造材料を有効に活用するための意見交換を目的とした人的ネットワークの形成。
 (4)境界領域でのシーズ、ニーズ研究において、さらに発展が求められている分野に関する提言。

 4.募集要項
 (1)調査活動期間:平成21年5月より平成23年3月(2年間)
 (2)開催日時:不定期
 (3)対象:触媒および新規材料開発に携わる研究者、研究支援部門スタッフ
 (4)活動形態 ・委員会への参画(年4回)
                ・WG研究会(講演会併催)および各社資源を利用した情報収集
                ・E-Mailを利用した情報交換
                ・活動報告書作成(各年度)
 (5)度第1回委員会および講演会予定日 2009年5月18日(月)
      

 5.参加申し込み
 下記の「参加申し込み」に必要事項をご記入の上、E−mailにて2009年5月8日までに事務局宛お申し込み下さい。

年参加費
  当協会会員及びコラボレーション・メンバー:無料 その他:5万円 /1名
なお、非会員の方の参加につきましては、コラボレーション・メンバーに登録してワークショップに
 参加されることをお勧めします。
大学、官公庁及び学生・院生等、企業の所属員ではない個人の参加の場合。
 個人のコラボレーション・メンバーへの年参加費は1万円で、当該メンバーは次世代CCワーク
 ショップだけではなく、同じ部会の他のワークショップや講演会へも無料で参加できる等の特典が得られます。
企業の所属員の方の参加の場合
  企業のコラボレーション・メンバーへの年参加費は20万円(中小企業は10万円)ですが、企業として当該
 メンバーになると、次世代CCワークショップに複数人が無料で参加することが可能となるだけではなく、
 同じ部会の他のワークショップや講演会へも無料で参加できる等の特典があります。なお、コラボレーション・
 メンバー制度についての詳細は協会ホームページ (
http://www.aspronc.org/02bukai/28collabo.html ) をご覧ください。


 6.連絡・問い合わせ先
 〒101−0041 東京都千代田区神田須田町1-12 山萬ビル4F
 (社)新化学発展協会
   化学フロンティア事業部
   TEL 03-5297-8820(代)
   FAX 03-5297-8821
    E-mail aspronc@aspronc.org
                                                          以上
 *************************

 (社)新化学発展協会 先端化学技術部会高選択性反応分科会
 「新規機能性素材創生およびデバイス化のための先端プロセス構築技術に関する調査委員会」
 参加申し込み
  氏  名                               
  社  名
  所  属                               
  役  職                               
  住所                               
  TEL
  FAX             
  E−mail                          

 **************************
 関係部署にもご案内下さいますようお願い申し上げます。


 @@@@@
 社団法人 新化学発展協会
 化学フロンティア事業部