化学経済・経営・研究管理・MOTディビジョン

新着情報

日本化学会技術開発フォーラム(依田・弘岡塾) (掲載田島) [2006年11月9日 公開]

日本化学会技術開発フォーラム(依田・弘岡塾)

『イノベーションはどう動くか:企業の技術経営戦略を考える』 

 --------------------------------------------------------------------------------

 主催 日本化学会産学交流委員会

共催 日本化学会「化学経済・経営・研究管理・MOT」ディビジョン

日本化学会では変革しつつある化学関連産業の課題について、企業の研究者が一堂に会し、異業種、異分野の交流、研究課題の進め方、テーマ探索などを題材に自由に意見を交換し、多岐にわたる広い人脈形成と自己を磨く場として「技術開発フォーラム」を設けております。

今回は化学関連の幅広い分野で世界的に活躍されている依田直也 (立正大学教授・元東レ経営研究所社長) および弘岡正明(テクノ経済研究所代表・英国マンチェスター大学イノベーション研究所客員研究員、元神戸大学教授)両氏を塾長とする「依田・弘岡塾」(第1回)を下記により開催することにいたしました。

講師には産業技術、分子デバイス,バイオテクノロジー、技術経営、イノベーションなどの分野で現在国際的に活躍されている諸氏をお招きしております。ふるってご参加くださるようご案内いたします。

  

主題『イノベーションはどう動くか:企業の技術経営戦略を考える』

  

会 期: 平成1812月1日()〜2日 () 

      1泊2日(1日12時集合、2日13時解散)

会 場: 和光純薬工業蠹魏聾狂修所(静岡県熱海市泉232-8

プログラム(仮題)

第1日

(13:0014:00)

1. イノベーションのダイナミズムとハイテク戦略

(テクノ経済研究所代表・英国マンチェスター大学イノベーション研究所客員研究員)弘岡 正明

(14:0015:00)

2. 電子情報分野の最先端と産業展開の糸口

(早稲田大学ナノテクノロジー研究所教授)和田 恭雄

(15:1016:10)

3. バイオ技術の最先端と産業展開の糸口

(日本バイオインダストリー協会部長)三村 邦雄

(16:1017:10)

4. イノベーションはどこから起こるか:グローバル企業の成功戦略−ハイデガー「自己矛盾との対話」

(立正大学経営学部教授・元東レ経営研究所社長)依田 直也

(17:1018:00)

5. 自由討論(司会)依田直也

(18:0020:00)夕食・懇談

(20:0022:00) 参加者ショートトーク

第2日

(9:3010:30)

6. ハイテク分野のベンチャビジネスへの展開:起業化の糸口と実戦体験

GVIN社長・流通科学大学情報学部教授)桑原  裕

(10:3012:00)

7.総合討論・まとめ(司会)弘岡・依田 

 

 

対 象: 企業・公的研究機関・大学(学生を含む)等の何れかに勤務する方。

費: 30,000 (参加費・宿泊費・食事込み。ただし旅費・交通費は参加者負担)

申込締切: 平成181120日(月)

定 員: 40名になり次第 。ただし申込み多数の場合は年齢層、業種別等により人選させていただくことがありますので、ご了承下さい。

申込方法: 「依田・弘岡塾」参加申込書と標記し、(1)氏名(フリガナ)(2)生年月日、(3)勤務先・職名、(4)連絡先(郵便番号、所在地、電話、Faxe-mail)、を明記のうえ、e-mailまたはFaxで下記あてお申し込み下さい。

先: 101-8307千代田区神田駿河台1-5 日本化学会産学交流委員会「依田・弘岡塾」係(電話:03-3292-6163Fax03-3292-6318e-mailmatsubarachemistry.or.jp)