化学教育ディビジョン

新着情報

日本学術会議提言「これからの高校理科教育のありかた」シンポジウム [2016年5月17日 公開]

以下の通り、日本学術会議シンポジウムを行います。教育に関心をお持ちの方々のご参加を歓迎致します。

1.主 催: 日本学術会議 科学と社会委員会 科学力増進分科会

2.日 時: 平成28年6月4日(土)13:00〜17:30

3.場 所: 東京大学理学部4号館2階1220号室

4.開催趣旨:2016年2月8日に発出した日本学術会議提言「これからの高校理科教育のありかた」を広く社会に発信するとともに、そのより具体的な実現に向けて、多様な立場からの議論を行う場を提供する。

5.プログラム:

13:00〜13:20 提言の趣旨説明   須藤 靖(日本学術会議第三部会員、東京大学大学院理学系研究科教授)

13:20〜13:50 「日本理化学協会百年の理科教育への思い -理想と現実の中での生徒のためのよりよい教育実践を目指す道-」   菊池 正仁(日本理化学協会事務局長)

13:50〜14:20 「テクノロジー企業が期待する21世紀の理科教育」   柳原 なほ子(外資系企業教育支援プログラム担当)

14:20〜14:50 「教員養成学部教員として提言をこう受け止める」   富田 晃彦(和歌山大学教育学部教授)

14:50〜15:10 休憩

15:10〜15:40 「資質・能力の観点からの教育課程の構造化と理科教育」   合田 哲雄(文部科学省初等中等教育局教育課程課長)

15:40〜17:20 公開討論

17:20〜17:30 まとめ   柴田 思(日本学術会議連携会員、日本アイソトープ協会専務理事)